Tak Matsumoto


本ブログではネタバレ記事を掲載しますので、
自己責任で続きを読むをクリックして下さい。


ネタバレが嫌な方はネット閲覧そのものをご自身で規制して下さい。
また基本的に動画の閲覧にはパスワードが必要です。

ギブソンの世界観を体験できる世界初の施設『ギブソン・ガレージ』 アメリカの音楽都市ナッシュヴィルに6月9日(現地時間)遂にオープン

ギブソンの世界観を体験できる世界初の施設『ギブソン・ガレージ』 アメリカの音楽都市ナッシュヴィルに6月9日(現地時間)遂にオープン
https://gibson.jp/news-events/15589

この度ギブソンは、アメリカの音楽都市ナッシュヴィルの中心街に、ギブソンの世界観を体験できる世界初となる施設『ギブソン・ガレージ』を、レスポールの誕生日である6月9日(現地時間)にオープンすることを発表いたします。『ギブソン・ガレージ』では、ギブソン、エピフォン、クレイマーのギターを始め、メサ・ブギー、KRKと言ったギブソン・ブランズの各製品の試奏の他、関連アクセサリー、グッズなどもお買い求めいただけます。

6月9日(現地時間)に、アメリカ テネシー州ナッシュヴィルのダウンタウン中心部に位置する(209 10th Avenue South, Nashville, TN)歴史的な建物”Cummins Station”内に、8,000平方フィート(約740屐砲旅さの『ギブソン・ガレージ』が正式にオープンします。『ギブソン・ガレージ』は、プロのミュージシャンは勿論、ビギナーからカジュアルなギタープレイヤー、さらに(ギターを弾かない)音楽ファンにも楽しで頂ける施設で、ナッシュヴィルで必見の場所です。

ギブソンは創業から127年にわたり、世界中で最も演奏され、愛され、身近なギターブランドとして、世代やジャンルを超えたサウンドを生み出してきました。『ギブソン・ガレージ』では、各ギター・コレクションを見たり、ショッピングを楽しむことができます。さらに、限定のライブ・パフォーマンスやギブソンのオリジナル映像コンテンツ “Gibson TV”の収録なども行われる予定です。そこでは、インタラクティブなインスタレーションやプログラムを通して、何世代にもわたる音楽の歴史に触れることができます。

ギブソン・ブランズのCEOであるジェームス "JC" カーレイは、こうコメントします。
「ギブソン・ガレージでは、まさにギブソンの過去、現在、未来を一度に体験できる施設で、ファンやアーティストのために、ここミュージック・シティのナッシュヴィルに完成しました。これは、私たちが1世紀以上にわたって関わってきた素晴らしい音楽とギター文化に恩返しする機会であると思っています。私たちは、早くファンの皆様とこのギブソン・ガレージの体験を共にできることを楽しみにしています。」

ギタリストのジョー・ボナマッサは、こうコメントします。
「ギブソン・ガレージは、ギブソンの様な歴史的なブランドがこれまで築き上げてきたものと、エレクトリック・ギターとアコースティック・ギターの未来へのビジョンが融合して誕生したのだと思います。素晴らしい出来栄えで、ギブソンの新たな一歩におめでとうと言いたいです。」

シンガーソングライターでミュージシャンのマギー・ローズは、こうコメントします。
「ナッシュヴィルのようなギタータウンには、ギブソンの存在が欠かせません。このギブソン・ガレージは、ナッシュヴィルのアーティストや、各地から訪れるアーティストとセッションをするには最適です。さらに、ここに来れば様々なギターを見ることができ、歴史も知ることができるので、世界中から多くの音楽ファンが集まることでしょう。」

シンガーソングライター、プロデューサーのセリッセは、こうコメントします。
「ギブソン・ガレージは夢のような場所で、まさに熱狂的なディズニーファンが初めてディズニーランドに足を踏み入れた時と同じような感覚でしょう。天井のコンベアにディスプレイされた沢山のギターを見ながら、実際に気に入ったギターに手を伸ばして弾くこともできるのです。こんなことは、今まで経験した事がないし、ギブソン・ガレージは素晴らしい場所です。」

ギブソン・ガレージ内の設置されているステージでは、ライブやストリーミングも可能で、究極のギターと音楽体験を提供します。 ギブソン・ガレージでは、インタラクティブなブランド・ストーリー体験、自分だけのギターを作ることができるカスタムショップ、歴史的な著名ミュージシャンの記念品の展示、修理・修復センター、そしてギブソン、ギブソン・アコースティック、ギブソン・カスタムショップ、エピフォン、クレイマー、メサ・ブギー、KRKの製品販売なども行っています。ギブソン・ガレージでは、ブランドやコレクションを問わず、すべてのギターを試すことができるだけでなく、限定品のギター、アパレル、グッズなど、ここでしか手に入らないアイテムも販売しています。

ナッシュヴィルを訪れることができない世界中のファンのために、6月9日(現地時間)にギブソン・ガレージのグランドオープニングを記念したバーチャルコンサート『Gibson Live: A Celebration of Artists to Benefit Gibson Gives』が開催されます。
日本時間6月10日(木)午前8時30分から、米国Gibson TVにて世界中で放映されます。

【日本時間6月10日(木)午前8時30分から生配信予定】
https://www.youtube.com/channel/UCfPWFpDpmnYO530l9ivmC6Q

このコンサートでは、ウォーレン・ヘインズ、マーゴ・プライス、キップ・ムーア、ジェームス・ベイ、マナのセルヒオ・バジン、ヘイルストームのリジー・ヘイルとジョー・ホッティンジャー、マーカス・キング、オリアンティ、サマンサ・フィッシュ、モーガン・ウェイド、サドラー・ヴァーデン、セリス、エミリー・ウルフ、ジャレッド・ジェームス・ニコルズ、ジョー・ボナマッサなどの演奏が予定され、

vlcsnap-2021-06-10-09h04m38s418

日本からは特別にシグネチャーアーティスト松本孝弘氏の映像コメントも披露される予定です。

今回のライブは、ギブソンの慈善事業部門である“ギブソン・ギブス”により運営されます。
“ギブソン・ギブス”は、世界中のミュージシャンを支援し、ミュージシャンの地位向上を目指す他の非営利団体を創設・支援するとともに、若者に焦点を当てた教育や健康に関する取り組みを行うことで、世界をより良い場所にすることを目指しています。今イベントでの寄付金の100は、”MusiCares”と”Save the Music”の2つの基金に贈られます。

ギブソン・ガレージのオープニングに関する最新情報については、公式ウェブサイトをご覧ください。

B'z Showcase 2020 -5Eras- 8820 使用ギター

E11vl5BVIAAOz1u

B'z Showcase 2020 -5Eras- 8820 Tak Matsumoto使用ギター Day1〜Day5

00311

Tak Matsumoto Guitar Bookより参照し、更新致しました。
トライアングル以外の楽器の形式・シリアルナンバーは全て更新完了です。
Flying VやMusic Man EVH model Trans Gold、K・YAIRI by Ken B'z XXX Anniversary Special 2019などの形式年式なども完全網羅。



TOKYO FM 「Blue Ocean」 guest : Daniel Ho



TOKYO FM 「Blue Ocean」 guest : Daniel Ho

Daniel Hoさんがコラボのことについてほんの少し話してくれました。

DINOSAUR / TAK使用guitar






DINOSAUR / TAK使用guitar

003
Gibson Tak Matsumoto 1959 Les Paul

「Dinosaur」「CHAMP」「Still Alive」「声明」で使用。
「声明」は全編このギターで録音されている。

004
Gibson Les Paul Standard 1959 #9-1156

このギターでしか出せないトーンがあるため、B'zの作品では久々に登場。
「ハルカ」「それでもやっぱり」「Kind Of The Street」で起用されているほか、「弱い男」「Purple Pink Orange」の2曲では1959と松本モデルの両方が使用されている。

松本さん曰く、やはりビンテージは弾きづらいとのこと。
久しぶりに弾いて「いい音するなぁ、やっぱり」と感想を述べていました。

005
Gibson Les Paul Goldtop 1957 #7-3956

最近松本が手にしていたGoldtopと言えば、P-90搭載のモデルで本機は久々の登場となった。
「ハルカ」で使用。

006
Ginbosn Las Paul Glodtop 1957 Reissue 1991 #1-8283

ライブやソロ作品ではお馴染のGoldtopのReissue Model。
今作では「ルーフトップ」でシタールと一緒に起用され太く、存在感抜群のサウンドを鳴らしている。

<009
Gibson Custom Tak Matsumoto Firebird Vintage Sunburst Prototype #1

'14リリースのNew Horizon時に完成し、様々な場面で活躍。
今回も「Still Alive」「SKYROCKET」「King Of The Street」で使用された。

008
Gibson Custom Flying V Korina 50th Anniversary 2008 #8-8163

'15のツアーで初登場して以来、ライブ・レコーディング共に活躍している。
松本にとって初のFlying V。
アルバムのオープニングを飾る「Dinosaur」のイントロダクションで迫力のあるサウンドを響かせた。

007
Gibson Les Paul Standard 1961 #15712

SGがまだレスポールと名付けられたいた時代のビンテージ。
'15に導入されてから手にする機会が多く、今作では「SKYROCKET」でFirebirdやTelecasterと共に使われている。

010
Gibson Custom ES-335

ラリーカールトンのシグネチャーモデル。
トラスロッドカバーには”Mr.335"と記されている。
ラリーカールトンからのプレゼントだそうです。
「Queen Of The Night」で使用された。

014
Ernie Ball Music Man AXIS #88923

'97に活躍していたアクシスが、今回久々に起用されているのも大きなトピック。
アルバムのオープニングにおいてリスナーの耳を一瞬で奪うアームを使ったプレイに本機を用いている。

013
Fender Telecaster 1952 #4085

'90年代中頃から所有していながらも、これまであまりレコーディング現場では使われてこなかったTelecasterが今作では「それでもやっぱり」「SKYROCKET」「弱い男」の3曲で使用されている。

011
Fender Stratcaster 1954 Tobacco Brown Sunburst #1090

'15にリリースしたEPIC DAYでも登場した’54製のストラト。
今回はES-335と共に「Queen Of The Night」にて使用され、ディレイサウンドが印象的なサビやソロに起用。

<012
Fender Stratcaster 1962 #75457

ローズウッド指板の赤いストラトは'62年製。
「それでもやっぱり」で'52年製のTelecaster、'59年製レスポールと共にドラマティックな楽曲を彩っている。

015
Martin 1937 000-18 #69867

レコーディングでお馴染のこちらを弾いたのは「愛しき幽霊」「Purple Pink Orange」の2曲。

024

アコギではジョンメイヤーのシグネチャーが使われたが、そちらは「CHAMP」でプレイ。

DinosaurのOPのアームプレイはAXISだったとは驚きました。
そして今回はストラトの出番も多く、ギタープレイがより一層楽しみなアルバムだと思います。

工藤静香(47) 12年ぶりアルバム





mp4_000002985


mp4_000034370

工藤静香(47) 12年ぶりアルバム

レコーディング風景が解禁されました。
曲作りには大物アーティストが参加。
B'zの松本孝弘・玉置浩二・岸谷香などなど





Read more…Live-Gym開催中はネタバレにご注意下さい
O.NO.RE Vlogへようこそ
Twitter プロフィール
Categories
Archives