CD/DVD Release



バナーinaba2

本ブログではネタバレ記事を掲載しますので、
自己責任で続きを読むをクリックして下さい。


ネタバレが嫌な方はネット閲覧そのものをご自身で規制して下さい。
また基本的に動画の閲覧にはパスワードが必要です。


1/17 INABA / SALAS CHUBBY GROOVE Release !!


本日、INABA / SALASのニューアルバム「CHUBBY GROOVE」がリリースとなります。
明後日にはMUSIC STATION SPへの出演、そして来週からはツアーもスタート。
まだまだ寒いですが、熱い時間が始まります。

参加できる方もできない方も、このソロプロジェクトを楽しみましょう。





icon-precomposed

Koshi Inaba LIVE 2016 -en III- / oh my love歌い出しに別日映像



mp4_000105410

oh my loveの歌い出しのみ、別の日の映像が差し込まれています。
全曲確認しましたが、別日の映像はここだけだと思います。
配信では両手をマイクスタンドに置いているにも関わらず、BDの映像では右手のみマイクスタンドの上にあります。

mp4_000109432

あとはSymphony #9の「捕まえようとすれば 消える」の部分の握る手が若干早く握るように編集されています。
照明が同じ歌唱場所にも関わらず、既に変わっているので間違いないです。

DVD & Blu-ray Koshi Inaba LIVE 2016 〜en III〜 Release



13932718_1070831849675444_8758531886007809509_n

 

本日、DVD & Blu-ray Koshi Inaba LIVE 2016 〜en III〜がReleaseとなりました。
既に昨日フラゲされて、鑑賞されている方がほとんどだと思います。
配信映像とはアングルも変えられていて、配信を観た方もしっかり楽しめる内容になっていると思います。
MC間が若干カットされているのが気になりますが、容量の問題もありますし、ボーナストラックの収録もあり仕方ないのかなと思っております。

13641270_1269583913072976_5331586207589653588_o

ボーナス映像の会場ですが…

赤い糸→山梨(ここでしか演奏していません)
Touch / LOVE LETTER / Stay Free→宮城(MCあり)
不死鳥→名古屋もしくは神戸
CHAIN→名古屋(名古屋ーの煽りあり)

不死鳥以外は会場名がはっきりしているものです。
不死鳥は名古屋か神戸の映像じゃないか?ということです。


vlcsnap-2016-08-04-22h20m15s497

配信映像と同期させて、映像を観ましたが、マルチアングルのようで面白かったです。

Photo by Koshi. #稲葉浩志 #koshiinaba #recording

B'zさん(@bz_official_insta)が投稿した写真 -



ところ代わって、稲葉さんは一体何のレコーディングをしているのでしょうか?
B'zの?それともソロの?
年内にアルバムでもリリースするつもりなんでしょうかね?





icon-precomposed

Tak Matsumoto New Album "enigma" Release!!




Tak Matsumoto New Album "enigma" Release!!

本日、松本さんのニューアルバムのフラゲ日となります。
皆さん、忘れずに購入しましょう。
ネット購入組は本日届かないことも多々ありますので、首を長くして待ちましょう。







DVD & Blu-ray Koshi Inaba LIVE 2014 〜en-ball〜 Release!!



585259ec

bmbv-5027

bmxv-5027

本日、DVD & Blu-ray Koshi Inaba LIVE 2014 〜en-ball〜が発売となります。

ー その一夜にしか生まれない、熱。ー
毎公演異なるセットリストが組まれた
プレミアムライブがついに待望の映像化!
感動のうねりと歌そのもののパワーが放たれた
最終公演全23曲を完全収録!


5作目のソロアルバム『Singing Bird』をリリース後、2014年6月に東京・品川ステラボールでのみ10公演が行われたプレミアムライブ「Koshi Inaba LIVE 2014 〜en-ball〜」が、ついにDVDとBlu-rayで2015年11月18日にリリース決定!

同会場で10公演のみというレア感に加え、全国へ生中継された自身初のライブビューイングでも話題となった“en-ball”公演。毎公演異なるセットリストが組まれ、それぞれの日にしか生まれない熱気と特別な場面をオーディエンスと作りあげてきたその道のりが、まるで走馬灯のように駆け巡った最終日の模様を収録した本作。

稲葉浩志がひとりステージにふいに現れ、アコースティックギターをかき鳴らしながら歌う「ジミーの朝」でスタートするライブは、ダイナミックな紗幕の演出に大歓声があがるなど、終始、感動のうねりが会場を席巻。
「新しいことにチャレンジしたこの品川ステラボールで、最後の最後まで気持ち良く歌わせていただきました。今更ながら改めて音楽に感謝したい気持ちでいっぱいです。夢のような10日間をありがとう」というMCと歌そのもののパワーが放たれた、濃密なかけがえのない一夜をぜひお楽しみいただきたい作品です。





icon-precomposed

O.NO.RE Vlogへようこそ
Twitter プロフィール
Categories
Archives